お問い合わせ

Tel・Fax
045-873-9917
eメール
 
お問い合わせフォーム

Lutetium Yttrium Orthosilicate(ルテチウム・イットリウム・オルトケイ酸塩)>

LYSO:Ceシンチレータ
(Lu2(1-x)Y2SiO5)又はLu1.9Y0.1SiO5

LYSOシンチレータの特徴
  • 高い蛍光出力(総発光量)
  • 迅速な減衰時間
  • 良好なエネルギー分解能
  • 高密度
  • ガンマ線に対する高い検出率
  • 非吸湿性及び安定した物理特性
  • Lu放射性を示す
  • Ce濃度は0.5mol%※ノンドープも対応可。

原子番号 66

LYSOにCeをドープした無機化合物シンチレータ結晶。
LSOとYSO結晶を混合したシンチレータ結晶。
LYSOは他のシンチレータ結晶と比べ、国家先で価格相場が異なります。
ここ数年、中国製シンチレータの実績は飛躍的に増えており、
シンチレータに関する質問も真摯に受け答えが可能となりました。
従来実績を重視される場合は英国などユーロ圏企業にて御見積いたします。

結晶特性データ

結晶構造 単斜晶系
密度(g/cm³) 7.25(中国)
7.15(英国)
モース硬度 5.8
屈折率 1.82(410nm)
融点(℃) 2050
吸湿性 無し
発光ピーク波長(nm) 420
減衰時間(ns) 40-45
放射長511KeV 1.1cm
相対発光量
NaI100%
85
エネルギー分解能
511KeV
20%
光出力(フォトン)
300K(27℃MeV)
29000(中国)
32000(英国)
  • 参考Hilger crystals,Epic Crystals
  • 数値はすべて参考です。保証値ではなく、製造メーカーによっても異なります。

LYSOシンチレータアレイ

陽電子放出断層撮影(PET)で使用される最も一般的なシンチレータアレイ。
各種医療における放射線撮像の光線検出で活用されています。
このLYSOを0.05mm以下の間隔で規則正しく並列させたアレイ製品です。

  • クリックで拡大。戻る際はブラウザ戻るボタンでお戻りください。

結晶特性データ

アレイサイズ(mm) 4x4
8x8
16x16
23x23
50x50
ピクセルサイズ(mm) 1x1x1
1x1x10
2x2x13
3x3x15
4x4x22
各ピクセル間隔(ギャップ)(mm) ≧0.05
リフレクター BaSO4(硫酸バリウム)
TiO2(ルチル)
ホワイトプラスチック
  • ピクセルサイズや結晶サイズはカスタム可能です。

御見積方法

基板時、最大寸法φ80mm,最大厚さ200mm
切断加工可。台形など整形も可能です。
アレイはなるべく誤認を防ぐため図面をお送りください。
小サイズや研磨などご希望に沿って製作加工いたします。
最下部のお問合せフォームまたはメールからお問合せ下さい。

  Homeに戻る