お問い合わせ

Tel・Fax
045-873-9917
eメール
 
お問い合わせフォーム

非線形結晶
Nonlinear_optical crystal

波長変換時に使われる結晶類。
元となる光の2倍の周波数を発生させ(倍波)、波長は半分にすること。
例YAGレーザー結晶1064nm→非線形結晶532nm。

・SHG(第二次高調波)=波長を1/2にする。
・THG(第三次高調波)=波長を1/3にする。
・FHG(第四次高調波)=波長を1/4にする。
・SFG(和周波)=2つの低出力光を1つの高出力光にする。1064+532=355nm
・OPG(光パラメトリック発振)=1つの高出力光を2つの低出力光にする。
               355=532+1064nm
・DFG(差周波)=2つの高出力光を1つの低出力光にする。532-810nm=1550nm

※"+"や"-"を使用していますが、単純な足し算引き算ではありませんので。

非線形結晶のサイズ決めについて簡易説明:

サイズ決めは入射ビームの品質によって決められます。
通常は結晶長が長ければ長いほど、変換効率が良くなります。
但し、入射光の品質も良いという条件も必要です。
仮に入射光も良好で出力密度も足りている場合、
かなり短い結晶でも良好な変換効率を得ることができます。
例えばL=8mmの結晶で30%の変換効率を得られるとしたとき、
L=10mmで32%前後の変換効率です。
但し、長くなればなるほど金額は上がります。
厚さ1mm以下は技術加工費として、金額が上昇します。
上記の他、単純にビーム径に合わせた有効径で決まります。

御見積方法:

以下の内容をご指定ください。

・結晶タイプ(type-Ⅰ,type-Ⅱ)
・サイズ(H*W*T)
・位相整合角度(Θ,φ)
・AR/HRコーティングの有無
・入出力波長

ご利用されるレーザー機器のスペックをご提示いただければ、
(レーザーのエネルギー、パルス幅、繰り返し周波数、平均出力、ビームの直径サイズなどの入力状態) 最適な結晶スペックで御見積致します。

  Homeに戻る

「非線形結晶」
取り扱い製品リスト