お問い合わせ

Tel・Fax
045-873-9917
eメール
 
お問い合わせフォーム

複屈折結晶
birefringence

水や空気、他にも様々な物体の中を光が透過するとき、光の速度が異なり屈折すること。
複屈折は屈折する光がひとつではなく、ふたつになる現象のことをいう。
実験・開発にあたり、この複屈折の特性が大きく、光学的に活用されやすい結晶を取り扱います。

複屈折結晶比較表

YVO4 TiO2 CaCO3
方解石
LiNbO3 α-BBO
熱膨張係数(℃)
c軸
11.4x10⁻⁶ 9.2x10⁻⁶ 26.3x10⁻⁶ 16.7x10⁻⁶ 9.3x10⁻⁶
熱膨張係数(℃)
a軸
4.4x10⁻⁶ 7.1x10⁻⁶ 5.4x10⁻⁶ 7x10⁻⁶ 9.5x10⁻⁶
屈折率
(no)
1.9447
@1550nm
2.454
@1530nm
1.6629
@1550nm
2.21122
@1550nm
1.64998
@1550nm
屈折率
(ne)
2.1486
@1550nm
2.710
@1530nm
1.47722
@1550nm
2.13806
@1550nm
1.51199
@1550nm
複屈折
(ne-no)
0.2039
@1550nm
0.256
@1530nm
-0.1564
@1550nm
-0.073156
@1550nm
0.127996
@1550nm
モース硬度 5 6.5 3 5 4.5
透過波長範囲
(um)
0.4~5 0.4~5 0.35~2.3 0.4~5 0.19~3.5
潮解性 無し 無し 若干 無し 若干
  • CASTECH,FOCtek

産出:

複屈折結晶材と言えば方解石が第一に挙げられることでしょう。
方解石はロシアなどから自然産出して精製されることが多くありますが、昨今産出量が減少しております。 YVO4などは中国で量産可能、低価格、トレーサビリティなども充実しております。

お問合せ内容次第では上記メーカー以外もご提案しております。
研究用の一品モノ、試作品、サンプル、OEMに向けた製品企画どれでもお気兼ねなくご相談ください。

御見積方法:

ご要望サイズ、面方位(軸方向)、研磨の有無、数量をご指定下さい。

  Homeに戻る