複屈折結晶
birefringence

水や空気、他にも様々な物体の中を光が透過するとき、光の速度が異なり屈折すること。
複屈折は屈折する光がひとつではなく、ふたつになる現象のことをいう。
弊社は学者ではありませんので、実験・開発にあたり、
弊社では、この複屈折の特性が大きく、光学的に活用されやすい結晶を取り扱っております。

複屈折結晶比較表

YVO4 TiO2 CaCO3 LiNbO3
熱膨張係数(℃)
c軸
11.4x10⁻⁶ 9.2x10⁻⁶ 26.3x10⁻⁶ 16.7x10⁻⁶
熱膨張係数(℃)
a軸
4.4x10⁻⁶ 7.1x10⁻⁶ 5.4x10⁻⁶ 7x10⁻⁶
屈折率
no
1.9447
@1550nm
2.454
@1530nm
1.6346
@1497nm
2.2151
@1440nm
屈折率
ne
2.1486
@1550nm
2.710
@1530nm
1.4774
@1497nm
2.1413
@1440nm
複屈折(ne-no) 0.2039
@1550nm
0.256
@1530nm
-0.1572
@1497nm
-0.0738
@1440nm
モース硬度 5 6.5 3 5
透過波長範囲 0.4~5um 0.4~5um 0.35~2.3um 0.4~5um
潮解性 無し 無し 若干 無し
  • CASTECH社提供

産出:

複屈折部材は自然産出から活用していることが多く、産出国であるロシアにあるElan社が非常に有名です。 YVO4などは中国Castech社,Casix社が大量生産、低価格、トレーサビリティなども充実しております。

お問合せ内容次第では上記メーカー以外もご提案しております。
研究用の一品モノ、試作品、サンプル、OEMに向けた製品企画どれでもお気兼ねなくご相談ください。

御見積方法:

ご要望サイズ、面方位(軸方向)、研磨の有無、数量をご指定下さい。

  Homeに戻る

「複屈折結晶」
取り扱い製品リスト