フォトリフラクティブ・電気光学(EO)
photorefractive

フォトリフラクティブ効果:

ある物質に入射した光を吸収して屈折率が変化する現象。

電気光学効果:

電圧をかける(電流を流す)と屈折率が変化する現象。

ある種の光が誘電体結晶など物質に入射して光が吸収(誘起)されることによって、
物質内部に電界が生じ、電気光学効果が発生、その効果によって、屈折率が変化する現象をフォトリフラクティブ効果という。
このときに電場の強さによって屈折率が変化する現象をポッケルス効果。
2乗に比例する効果の場合、カー効果という。
弊社取扱いフォトリフラクティブ結晶はドイツ・中国の光学メーカーがメインです。
フォトリフラクティブ結晶はコーティングなど様々なスペックを要するため、
結晶品質の良い点が見込まれますが、製造コストの都合で中国製が普及しております。
しかしながら、中国の光学結晶技術は年々ハイレベルになってきている他、
SBNなど極めて稀な結晶も提供可能です。

御見積方法:

ご要望サイズ、面方位(軸方向)、研磨の有無、数量をご指定下さい。
右記に記載がない結晶も取り扱っております。
お探しの結晶材料が見当たらない場合でも、お気軽にお問合せ下さい。

  Homeに戻る

「フォトリフラクティブ
電気光学結晶」
取り扱い製品リスト