Yttrium Vanadate>

YVO4複屈折結晶-イッテリウムバナデート

複屈折結晶の一つ。レーザー結晶のNd:YVO4はこちらをご覧ください。

チョクラルスキー法で成長させた一軸性結晶。
複屈折結晶の中で最も加工が容易い材料で、透過する波長範囲が広く、大きな複屈折を利用した光学偏光の構成に活用されます。

用途:

光ファイバアイソレータ
サーキュレータ
ビームディスプレイサ
グラントムソン偏光子

他の複屈折結晶との比較

方解石と比較してYVO4はより良好な温度安定性と物理及び機械特性を有します。
方解石は水分に対して微受容で、硬度が低く、天然石からの採取以外生産ができないため、
光学的品質を保つことが難しい材料です。
ルチルでは、硬度が高く、大量に生産するような製品に組み込む場合、制作時間の手間がかかります。 それらに比べ、YVO4はモース硬度が5とガラスと同等で加工処理がしやすく、
量産による製造コストを大幅に削減することも可能です。
LiNbO3は機械的、物理特性は同等で扱いやすいですが、 複屈折率はYVO4の方が3倍以上を有している面、複屈折材料として有用な結晶といえます。

複屈折結晶比較表

YVO4 TiO2 CaCO3 LiNbO3
熱膨張係数(℃)
c軸
11.4x10⁻⁶ 9.2x10⁻⁶ 26.3x10⁻⁶ 16.7x10⁻⁶
熱膨張係数(℃)
a軸
4.4x10⁻⁶ 7.1x10⁻⁶ 5.4x10⁻⁶ 7x10⁻⁶
屈折率
no
1.9447
@1550nm
2.454
@1530nm
1.6346
@1497nm
2.2151
@1440nm
屈折率
ne
2.1486
@1550nm
2.710
@1530nm
1.4774
@1497nm
2.1413
@1440nm
複屈折(ne-no) 0.2039
@1550nm
0.256
@1530nm
-0.1572
@1497nm
-0.0738
@1440nm
モース硬度 5 6.5 3 5
透過波長範囲 0.4~5um 0.4~5um 0.35~2.3um 0.4~5um
潮解性 無し 無し 若干 無し
  • CASTECH社提供

YVO4基本特性

透過範囲 0.4~5um
結晶格子 a=b=7.12, C=6.29Å
結晶構造 no=na=nb=ne=ne
正の一軸性
密度 4.22g/cm³
吸湿性 非吸湿
熱膨張係数 a(a)=4.43x10⁻⁶/K
a(c)=11.37x10⁻⁶/K
熱伝導率 llC:5.23W/m/K
⊥ C:5.10W/m/K
熱光学係数 dno.dT=8.5x10⁻⁶/K
dne.dT=3.0x10⁻⁶/K
透過範囲 0.4~5um
複屈折
(ウォークオフ45°)
no=1.9929, ne=2.2154, Δn=0.2225, ρ= 6.04°at630nm
no=1.9500, ne=2.1554, Δn=0.2054, ρ=5.72°at1300nm
no=1.9447, ne=2.1486, Δn=0.2039, ρ=5.69°at1550nm
  • 理論値です。保証するものではありません。

光アイソレータ用複屈折ウェッジ

有効径 1x1mmから4x4mm
寸法公差 ±0.05mm
ウェッジ角度(45°)公差 ±0.1°
光軸公差 ±0.5°or ±0.1°
平面度 λ/4 at632.8nm
表面精度 20/10 or 10/5
ARコーティング R<0.2% at 1550nm/1310nm
その他指定可能
標準サイズ 1.25x1.25x0.5mm
13°φ22.5°
15°φ22.5°
  • 数値は理論値です。保証する値ではありません。
  • 基本的に規格品はありません。お客様の設計図に沿って製造いたします。
  • 量産承ります。金額はスペックと数量に依存しますが、量産の計画性によっても大きく変動します。

仕入先

弊社では中国福建州にあるCasix社、Castech社のYVO4結晶を中心に推奨しております。
仕様内容次第では、他の中国光学結晶メーカー並びに欧州メーカーにて御見積いたします。

御見積方法:

サイズ、光軸、波長、数量をご指定の上、
下記お問合せフォームまたは直接メールにて承ります。
お電話でもお受けしております。

  Homeに戻る

「複屈折結晶」
取り扱い製品リスト


「レーザー結晶」
取り扱い製品リスト