お問い合わせ

Tel・Fax
045-873-9917
eメール
 
お問い合わせフォーム

Holmium doped Yttrium Aluminum Garnet>

Ho:YAG固体レーザー結晶

固体レーザー結晶媒質として、基本波長2080nmを出力します。
室温環境の透過率が高く、生体にやさしい波長レーザーです。
2100nmは水分子に吸収されやすい帯域で、人体の組織へも吸収されやすく、熱損傷がわずか数十マイクロメートルです。
連動して組み込まれる石英ファイバの透過波長帯のメリットを活かして、医療手術などの治療や、リモートセンシング、レーザー測定などの分野で活躍できます。
Ho:YAGレーザーはポンプ源として、ZGP非線形結晶を通して非線形効果により、3~5mmの赤外線レーザーを実現できます。

医療用2100nmのHo:YAGレーザーコンポーネント

AO-TeO2 Qスイッチ

TeO2は優れた音響光学結晶であり、変調器の製造に広く活用されています。
連続レーザーは高ピーク出力、狭パルス幅、異なる周波数、高反復率レーザーに変調されます。

TFP:薄膜偏光子

偏光子により、2つのポンプ光の偏光が互いに垂直になり、1つのビームがp偏光、もう一つがs偏光となります。

ブリュースター基板

水平偏光が抑制され、垂直変更が出力されます。

MR/HR/OC

MRとHRはポンプ光に対して非常に透過性が高く、2.1umの振動光は非常に反射性があります。OCは最後に出力ミラーとして使います。

2.1マイクロメートル

2umは3umほどではないですが、水に対して非常に吸収されやすい波長です。
ヒトの生体組織の主成分は水で出来ており、2umレーザーの生体組織へのダメージはわずか数百umで済みます。
Nd:YAGなど1.064umは熱エネルギーに変換されて溶融、蒸発するため、どうしても生体へのダメージが大きく、加工用にしか使えません。
Ho:YAGはその点の心配がなく、レーザーで切断された組織は生体たんぱく質の一時的な凝縮を誘発し、レーザーで切断した組織を手術中に迅速に止血することもできます。
Ho:YAGレーザーはその効果を利用して、目の角膜周辺部分のコラーゲンを収縮させ、遠視及び乱視矯正形成術として使われます。

量産

各種医療用レーザー製品へ搭載するための数量を確保することができます。
量産時に必要な品質証明など発行可能です。
また試作品など研究開発向けに御1つからお求め可能です。

Ho:YAG結晶データ

物理・化学パラメータ
化学式 Yb:CaGdAlO4
結晶構造 立方晶系
結晶格子定数 12.01Å
密度 4.56g/cm³
熱伝導率 14W/m/K 20℃
10.5W/m/K 100℃
耐熱衝撃性 790W/m
熱光学係数 7.3x10⁻⁶/K
熱膨張係数(0~250℃) (100)=8.2x10⁻⁶/K
(110)=7.7x10⁻⁶/K
モース硬度 8.5
ヤング率 317GPa
せん断弾性係数 210GPa
消光比 >28dB
比熱 0.59J/g.cm³
潮解性 水に不溶
ポアソン比 0.3
光学パラメータ
レーザー遷移 ⁵I₇→⁵I₈
発振波長 2050-2100nm
実効吸収断面積 1.09x20⁻²⁰cm²
放射断面積 1.14x10⁻²⁰cm²
励起波長 1908nm
蛍光寿命 7mm sec
量子効率 1
屈折率 1.82/1030um
変換損失 1.8,2.6,5.3いずれか
(x10⁻¹⁸cm³/s)
仕様内容
取扱い
Ho濃度(at%)
標準0.2%~3%
その他濃度も可能
サイズ 直径:φ3~φ15mm
長さ:1~150mm
面方位 <111>
表面精度 MIL-S/D 10/5
平行度 <10"
垂直度 <5"
有効径 >90%
ARコーティング 可能
ブリュースターカット 可能
  • 数値は理論値です。保証する値ではありません。

御見積方法:

ご要望に応じた直径又は縦x横及び長さを指定してください。
AR/HRコーティングをいたします。

  Homeに戻る

「レーザー結晶」
取り扱い製品リスト