お問い合わせ

Tel・Fax
045-873-9917
eメール
 
お問い合わせフォーム

Chromium, Thulium, Holmium-Doped : Yttrium Aluminium Garnet>

CTH:YAGレーザー結晶

クロム、ツリウム、ホルミウムを添加して2080~2100nm帯のレーザー発振するYAG結晶です。主に医療向け光学機器に搭載され、胆石の除去や歯科医療などのレーザー機器に使われています。

添加濃度

この結晶は三種類の元素イオンが含まれています。
ドープ濃度は製造元によって若干異なりますが、Cr:0.3~1.8%、Tl:5~8l%、Ho:0.3~0.4%の範囲で製造可能です。

特徴

CTH:YAGはキセノンランプなどで励起されるレーザー結晶です。
Crはフラッシュランプエネルギーを吸収し、Hoは作動イオン、Tmはエネルギーを移動するための媒介として機能します。 発振波長2080~2100nmは水に吸収されやすく、人体内部の手術医療レーザーとして用いることができます。
クロムとツリウムドープが光増感材として作用し、室温動作での発振効率向上になっています。
2100nmはSHGなどパラメトリック発振器としてのポンプ光としても利用可能です。

提供個数

試作または実験用の1個から量産計画向けの安定供給まで幅広く対応可能です。
メーカーは中国、ドイツ、米国、英国、チェコからお選びいただけます。

製造

製造国 ドープ濃度(at%) 発振波長 取扱い最大サイズ
中国 Cr:0.3~1.2
Tm:5.0~6.0
Ho:0.3~0.4
2080~2094nm 直径:φ3~6mm
長さ:~120mm
ドイツ Cr:1.8
Tm:8.0
Ho:0.5
2080nm 直径:φ1~6mm
長さ:~160mm
米国 Cr:0.85
Tm:5.9
Ho:0.36
2080nm 直径:φ1~10mm
長さ:~150mm
  • 濃度など数値は公称値です。適時濃度分析はしておりません。
  • 発振波長は使用環境や光軸精度によって若干ピークがずれる場合があります。
  • サイズなどはカスタム可能です。

CTH:YAG結晶特性データ

結晶構造 立方晶系(cubic:c)
化学式 Y₃Al⁵O¹²
結晶格子定数 12.01Å
面方位 (111)
融点 1970℃
密度 4.56g/cm³
モース硬度 8.5
熱膨張係数 7.8x10⁻⁶xK⁻¹(111)
熱伝導性 14W/m/K at 20℃
10.5W/m/K at 100℃
誘電率 11.7

CTH:YAG結晶光学データ

発信波長 2080~2094nm
レーザー遷移 ⁵I₇→⁵I₈
光子エネルギー 9.55x10~20J
蛍光寿命 8.5ms
屈折率 1.80at2080nm
1.83at632.8nm
吸収線幅 4nm
ダイオードポンプ光 780nm
メインポンプ光 400~800nm
消光比 ≧25dB
4nm
  • 数値は理論値です。保証する値ではありません。
  • 表面精度などはその都度回答いたします。

御見積方法:

ご要望に応じたサイズ、AR/HRコーティングをいたします。
最下部のお問合せフォームまたはメールから、
寸法、数量をご連絡ください。

  Homeに戻る

「レーザー結晶」
取り扱い製品リスト