Nd:YVO4単結晶

Nd:YVO4レーザー結晶
ネオジウムドープドイッテリウムオルトバナジウム酸ナトリウム-Neodymium Doped Yttrium Orthobanadate


Nd:YVO4は低出力から中程度の出力に向いています。
ダイオードで励起されるレーザー結晶の中では最も効率的なホストレーザー結晶です。
これは主にNd:YAGに対して吸収と放出特性が上回っているからです。
また、レーザーダイオードによる励起されるNd:YVO4は高い非線形光学結晶と組み合わせていることが多く、
例えば、LBO,BBOまたはKTP結晶と供に紫外領域から青色、緑色から近赤外付近まで周波数をシフト出力します。
すべての固体レーザー(ソリッドステートレーザー)で構成するこの組み合わせは機械加工、材料加工、分光、ウェーハ検査、光ディスプレイ、医療用診断機器、レーザー印刷、データメモリなどあらゆる分野で利用されるレーザーにおいて応用することができる理想的なマテリアルです。

アドバンテージ:Nd:YVO4>Nd:YAG
・808nmを中心にの広い励起帯域幅を持ち、吸収効率がNd:YAGと比べて約5倍高い。
(励起波長に対する依存性が低く、シングルモード出力に対して強い傾向がある。
・発振波長1064nmの誘導放出断面積は3倍の大きさがある。
・低い発振閾値と高いスロープ効率
・一軸結晶で複屈折が大きく、発振は直線偏光のみ。

標準仕様(Castech社)
・Ndドープ濃度:0.1~3%
・濃度公差:±0.05%(atm%<1%),±0.1%(atm%≧1%)
・最大サイズ:φ35x50mm or φ20x20mm





弊社取扱いNd:YVO4はCastech,Casix社並びに海外各国よりご提案しております。
スペック、希望価格などを考慮し、その都度見合ったメーカーでご案内いたします。