Cerium Fluoride(フッ化セリウム)>

CeF3シンチレータ結晶

原子番号 不明(おそらく57~71)

フッ化物シンチレータのひとつ。
シンチレータ結晶の中で比較的新しく、1990年頃から研究されている無機シンチレーションです。 応用分野はPET,医療向け高エネルギー検出器など。

密度が高く、放射長が短い特徴があります。
また、屈折率が一般的なガラス(1.5)と近いため、フォトマルなどの読み出しが楽な部分があります。
代表格のNaIやCsIと比べて潮解性がないシンチレータなので、湿気を気にする空間においてメリットがあります。 参考元:電磁シャワー検出器への実用化に向けたCaF3結晶の基本性能の研究(平成13年) 山形大学 千葉竜一氏

生産国:

英国・チェコ・中国

結晶特性データ

密度 6.16g/cm³
融点 1443℃
屈折率 1.62
放射長 1.68~1.7cm
発光波長(ピーク) fast=300nm
slow=340nm
発光時間(減衰時間) fast=5~8ns
発光量(NaI=100%) 4~8.6
モリエル半径 >2.8cm
潮解性 不溶
ヤング率 1.1x10¹²dyn/cm²
熱膨張係数 1.3x10⁻⁵
  • 参考Advatech-UK
  • 数値はすべて参考です。保証するものではありません。

御見積方法


最大直径76mm,長さ100mm
この大きさの中で各種小サイズや研磨などご希望形状に沿って製作加工いたします。
ページ最下部のお問合せフォームからご連絡ください。

  Homeに戻る

「シンチレータ結晶」
取り扱い製品リスト