Gadolinium Orthosilicate(ガドリニウム・オルトケイ酸塩)>

GSO-Gd2SiO5

原子番号 58

2000年頃より次世代シンチレータとして、主にガンマ線検出器や地質調査に用いられる。 日本国内では日立化成工業㈱、オキサイド㈱へと生産場所を移し、今日に至る。
異なるCe濃度で減衰時間や蛍光出力を変えることができる。

弊社はオキサイド㈱製GSOと英国製GSO結晶の2社メーカーで取り扱っております。

メリット

  • 原子番号がNaIの50より大きい
  • 150℃まで良好なエネルギー分解能
  • ガンマ線など放射線吸収/耐久性に優れる
  • 固有の放射性がない
  • 非吸湿性

デメリット

  • Ce濃度によって減衰時間と蛍光出力が変動する。
  • 発光まで遅い。
  • (100)面にへき開がある。
  • 製造者、生産量も少ない。BGO,LYSOと比べると高価格。

用途:

PET(放射断層撮影装置)
地質・石油調査装置に対するガンマ線検出器

結晶特性データ

密度 6.7g/cm³
最大発光波長 430-450nm
放射長 1.38cm
減衰時間 30-60ns
屈折率 1.85
蛍光出力 20
エネルギー分解能 8~10%
耐放射性 >10⁶Gy
融点 1900℃
熱膨張係数 4~12x10⁻⁶K
モース硬度 5.7
潮解性 無し
  • 参考Advatech-UK
  • 数値はすべて参考です。保証するものではありません。

御見積方法

最大寸法φ80mm,最大厚さ200~400mm
小サイズや研磨などご希望に沿って製作加工いたします。

「シンチレータ結晶」
取り扱い製品リスト