Lanthanum Fluoride(フッ化ランタン)>

LaF3結晶

用途:

光学ウィンドウとしては深紫外、真空紫外波長領域で用いられます。
また屈折率が高い特徴もあり、光学レンズに用いられることもあります。
Nd(ネオジウム)をドープすることで、シンチレータとしても活用可能です。

仕入先:

ドイツ・英国・中国の各結晶企業より仕入れております。

結晶データ

結晶構造 三方晶系
透過率 200~1100nm
屈折率(633nm) no=1.602,ne=1.595
密度 5.94g/cm³
融点 1493℃
分子量 195.90
熱伝導率 5.1W/mK 300K
比熱 506J/K kg
熱膨張係数 11.9x10⁻⁶/℃
モース硬度 4.5
弾性係数 C₃₃=169.2 GPa, C₄₄=36.79GPa,C₅₅=60.54GPa
潮解性 不溶
  • KORTH KRISTALLE GMBH参照

御見積方法:

ご要望サイズ、面方位(軸方向)、研磨、数量をご指定し、
下記お問合せフォームよりお問合せください。

「光学窓結晶
赤外分析分光用結晶」
取り扱い製品リスト