Magnesium(マグネシウム)>

Mg単結晶

原子番号:12
希土類元素(レアメタル)のひとつ。
1755年スコットランドにて認識、1808年で証明された。
銀白色の金属。溶融電気分解によって精製される。
柔らかく、空気で酸化する。窒素、二酸化炭素による燃焼にて、
窒化マグネシウム、酸化マグネシウムとなる。

結晶特性データ

結晶構造 六方晶
面方位 (0001),(1-100),(11-20)
育成法 ブリッジマン法
純度 99.999%
密度 1.74g/cm³
融点 650℃
沸点 1090℃
磁性 常磁性
電気抵抗率 4.38x10⁻⁸Wm
熱伝導率(300K) 156Wm⁻¹K⁻¹
熱膨張率 26.1x10⁻⁶K⁻¹
ヤング率 44.7GPa
剛性率 17.3GPa
体積弾性率 35.6GPa
ポアソン比 0.291
  • 参考MaTecK(ドイツ)
  • 数値はすべて参考です。保証するものではありません。

御見積方法

10x10x0.5mm、φ5mmなど希望サイズ、面方位、研磨の有無などご提示ください。
最大φ20mmまで対応可能です。

  Homeに戻る

「金属結晶」
取り扱い製品リスト